前へ
次へ

医療の発達で寿命は確実に伸びています

日本でも100年前と比較すると、大きく平均寿命は延びていっています。これは、経済の発達とともに栄養状況が良くなってきたことが大きな要因の一つになっていますが、医療の発展によるところも大きく、以前は治らなかった病気でも治せるようになっていることに因ります。これは今後の医療の発展により、ますますその傾向は強くなることを意味しています。しかし、そんな中で、長く生きさえすれば幸せなのか、といった議論も起るようになってきています。寝たきりで、意識もないまま生かされている状態については、賛否が分かれるところです。そこで、健康寿命というものが考えられるようになっており、いかに健康に長生きするかが注目されるようになってきているのです。特に、生活習慣病と言われるような、悪い習慣から起こっている病気は、こうした健康に生きるための障害になりがちです。その為、健康で長生きするための指針となる様なTV番組や本に人気が出る傾向にあります。

Page Top