前へ
次へ

たかがと侮るよりも医療機関に相談しよう

皮膚科や耳鼻咽喉科などを含め、アレルゲンに関する治療に携わる医療機関では、抑える治療のみでは改善できない、起こさせない努力を各家庭でも行ってほしい、そうした指導に力を入れています。例えば、耳鼻咽喉科や眼科では、春先や秋口には花粉症で診察に訪れる患者で待ち時間も図り知れません。原因となる花粉が飛散する時期を知り、回避できますが、マスクやメガネ着用、帰宅時は衣類についた花粉を叩き落とす、目鼻を洗浄する、室内には空気清浄機を設置することが推奨されています。目のかゆみ、涙目なども花粉症の特徴、しかし、擦ることで炎症や視力低下、なかには角膜が傷つき失明も無きにしも非ず、さらにドライバーならば飲み薬を服用できない、あるいは涙目で視界不良となり、事故を起こす可能性も無きにしも非ずです。たかが花粉症ですが、最近では皮膚に貼るタイプの薬まで開発されています。国民病とは言い過ぎかもしれませんが、その症状をキッカケに、命を脅かす第2、第3のトラブルが発生する可能性もあるため、早期発見、治療は大切、加えて予防法も医療機関に問い合わせるだけで教えてくれますから、聞いてみましょう。

Page Top